« ドラマ 2009年1月クール | トップページ | ラブシャッフル(ネタばれ注意) »

ありふれた奇跡(ネタばれ注意)

 木曜ドラマ 山田太一脚本 「ありふれた奇跡」

前回、2009年1月クールのドラマについて書きました。

私が楽しみに見ていた②作品、ありふれた奇跡、ラブシャッフルですが、この木曜ドラマの枠、結構良質な作品が多くて、見ている率が高いですね。

特に、ベテラン脚本家を起用して、オリジナル作品で見せてくれるので本当に毎回毎回が楽しみなんですね。

時として、一世をおさめた脚本家、山田太一さん。                                  プロデューサーは中村敏夫さん。この方は、第46回ギャラクシー賞個人賞を今年受賞しました。

その対象作品が、「ありふれた奇跡」、「風のガーデン」の2作品。

ギャラクシー賞といえば同じく個人賞を受賞したのが、二宮和也さんですが、彼もこの中村敏夫プロデューサーと組んで作品に参加していますね。

「優しい時間」と「拝啓 父上様」の2作品。拝啓では、主演を務めていましたね。両作品とも倉本聡さんが脚本を書いています。

他にも、「北の国から」のような大作も彼が携わっている。

私が知っている作品は、2000年に入ってからのものがほとんどですが、驚き、ほとんど見てますね。

娯楽的な作品、シリアスな作品、色々ジャンルはあって、人の好みによって分かれますけど、私は、この上記の方々が作る作品は好きですね。

大きく派手なストーリー展開、ロケ―ションがなくても、ちゃんとストーリーのなかで葛藤させたり、考えさせてくれたり、登場人物に感情移入させてくれたり、同調させてくれたりしてあきないように作られてる。

そして、しっかりとテーマが浸透するように作ってくれる。

そりゃ、たぶん生きてきた経験なんかもあるだろうし、昔よき時代を歩んできた人達だからというのもあると思う。

でも、一人一人の登場人物が凄く深く、矛盾なく作り上げられていて、親近感を持てるんですよね。

家族の関わりあい、職場の、近所の、友達の・・・。そいう中から大切なものを見つけてゆく、拾って行くって感じかな・・・。

誰も悪い人が出てこない所も嬉しい。

その人にとって不都合な人間であって、万人にそうではない。そいう人間の多面的な書き方が登場人物に愛情を感じてよりいっそうのリアリティーを産むのでしょうね。

そして全て優しい作りになっていますよね。ありふれた奇跡なんかも凄くそう思いました。

優しすぎて、繊細すぎて上手く生きていけない加瀬亮の描き方。

奇麗で、順風に生きているように見えるが、自分を責め続けている仲間さん。

それぞれ家族が、人の幸せを願って引き起こすすれ違いなんかも。みていて朗らかで、安心する。こういう不器用な人たちが優しく生活している姿を見るだけで。

今の世の中個人になっていて、人のことより、自分のこと!成功は他者を犠牲にしてでも掴みとれ・・・!!

そんな世の中が目立っているけど、こうやって、ひとつひとつの小さな悩みに向き合って悩んで、話し合って、解決して・・話せる人がいて・・。

そいう等身大の人たちがいた。でもこれはとてもリアルな感じでした。

加瀬さんは、本当にその辺を歩いていそうな青年を演じるのが上手くて、一種本当に目立たない感じではあるんだけど、一生懸命前向きに、仲間さんと向き合おうとしている姿は好感持てました。

仲間さんは、ただただ、美しい。本当に表情は素敵なんだけど・・・。こうベテランぞろいの役者に囲まれてしまうと、ごくせんのようにはいきませんよね。でも品のある美しさはこの年代にはまた稀な人だから、合ってたのかな・・・?

後は、風間杜生さん、どんだけ上手いんですか??セリフ回しが最高!ほんと、こういうちょっとおっちょこちょいで情けない感じなんだけど、大まかには分かってる!やさしい父ちゃん!上手い!もう、一番うまかったしこの中でと思いました。

後、八千草薫さん。もう常連さんみたいな感じですけど・・・、なんてチャーミングな人なんだろう・・・。結構ご年配のはずなのに・・・、素敵すぎるんですけど!!

何気に八千草さんと、仲間さんのシーンは好きでした。ほんと、女学生がはしゃいでるみたいで。

なんだか、長くなりましたが、中村プロデューサーにはまだまだ頑張っていただきたい。やっぱり、彼のら携わる作品を見たいですよ、視聴率なんて気にしないで、名作は名作。みてる人はわかるし、今はそれだけじゃ測れないですって!!

お願いします!!

« ドラマ 2009年1月クール | トップページ | ラブシャッフル(ネタばれ注意) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/scenario-writer/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/scenario-writer/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
cr9nhw0Q

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218399/30574507

この記事へのトラックバック一覧です: ありふれた奇跡(ネタばれ注意):

« ドラマ 2009年1月クール | トップページ | ラブシャッフル(ネタばれ注意) »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ