« 千と千尋の神隠し(ネタばれ注意) | トップページ | 接吻(ネタばれ注意) »

県庁の星(ネタばれ注意)

 西谷弘監督作品 「県庁の星」

 感想。

ああ、これは伊丹監督の作品「スーパーの女」だな。

だから、スーパーの裏側とかに目新しいものはなかった。リパックとか、再生とか。同じ。

今の若い人はあの作品みてないのかしら・・・。

私、スーパーの女を見た時、衝撃を覚えました。もちろん作品としての面白さ、キャラクターの面白さはもちろんのこと、食品にまつわる様々な問題に対してメスを入れている。

将来現実に起こり得るだろう問題について匂わせている。

そして、この作品が公開されて何年後か、食品についてのあらゆる問題が世間を賑わせていました。

どこかで崩れおちるだろう、こんなことが、ずっと続くわけがない。消費者をだまし続けることが、永遠に続くわけがない。

そんなことも含めて、凄く面白い作品だったのです。だから、印象に凄く深く残っていたのでしょうね・・・。

ああ、パクリだ。

そう感じてしまいました。この作品のファンの方ごめんなさい。

県庁の星・・・、スーパーの話とは思わなかったけど。優秀で、自分の考えや、仕事の仕方に間違いはないと信じ込んでいたエリートが、一人のパートと出会うことのよって、その考えを改めてゆく。

そこの部分はとてもよかった。織田さんも、プライドの高い感じと不器用な感じが周りの労働者と感覚があわない感じもよく出ていたし、柴崎さんの、無愛想な感じが、段々織田さんの有能な部分と真面目で、このスーパーを良くしようという、熱意に打たれて、二人で乗り越えてゆく様子も、面白かったです。

柴崎さんって、ホントブスッとしてる役あいますよね。

最後は、ホント今の政治の良くない所がでていて、憎むべき存在になってましたね。

「聞きますよ、意見としては、なるほど、なるほど、でも、聞くだけなんですよー」

っていうね。変革なんて起こす気もない。

悪の巣窟みたいな雰囲気でしたね。

織田さんも、「まっ、そんな簡単にかわるわけはないよね」って言って締めくくってましたけど・・・。

面白かったですよ。とても、ただ目新しい衝撃がなかっただけで。

« 千と千尋の神隠し(ネタばれ注意) | トップページ | 接吻(ネタばれ注意) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218399/30635902

この記事へのトラックバック一覧です: 県庁の星(ネタばれ注意):

« 千と千尋の神隠し(ネタばれ注意) | トップページ | 接吻(ネタばれ注意) »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ