« 韓国版 魔王 (ネタばれ注意) | トップページ | クイーン (ネタばれ注意) »

ガイジ・人生逆転ゲーム(ネタばれ注意)

   佐藤東弥監督作品 「カイジ・人生逆転ゲーム」

 地上波でやっていましたね。インシテミルという映画の番組宣伝も兼ねてと思いますが、テレビでやっているのを録画していて、後で見ようと思ったら、面白くてそのまま見てしまいました。

 藤原達也と香川照之の演技が濃い濃い・・・。

藤原達也は舞台役者というイメージが強いからなおのことなのかも知れませんが、自然さが欠けるんですよね、オーバーになるというか。

ただ、この作品の場合、香川照之も、天海祐希も全員濃い。

なので、藤原達也が目立つことはそんなになかったですね。

「デス・ノート」では、正直・・・・。本当に彼の芝居が濃すぎて、ちょっと!!と思いましたけど、今回はテーマもあってそんなに気にならずに見れました。

とにかくお話は、漫画だなーという展開をするんだけど、その中での必死に勝ちぬいていこうとする主人公の負けん気、根性、底力・・・みたいな感じのエネルギーが、本当にあふれかえっていて、藤原達也の芝居が生きた感じがしました。

でもここは香川照之・・・、全くその存在感と芝居にも負けてはいません。

あの人も目線、表情、雰囲気で完全にその世界の住人になりきってました。

二人の相対する芝居は本当に見ていて見ごたえがありましたし、香川照之の中盤戦の眼をむきだしにした芝居なんて、思わず「おい!怖いよ!」

と言ってしまいたくなるほど濃かったです!

基本的に心の声が中心なんだけど、表情もそれに相まった表現になっていて、非常に面白かったですねー。

この前、「AーSTDIO」で二宮和也がゲストだったのを見たんだけど、その時に、いい役者は、役者同士でやり合いをしてお互いの芝居を引き出し合うみたいな話をしていたのね、

その時に、この映画のことを思い出しました。

この映画でも藤原達也と香川照之、お互いの役者がいい芝居のやり合い、芝居合戦を繰り広げていたように思います。

なんとカイジは第二段もあるらしいので・・、私はそちらは出来たら劇場で見たいかな・・・と思っています。

ホリプロ主催のインシテミルは見に行くつもりはありませんが・・・。

私はどうしてもナチュラルな芝居の方が好きなので、藤原くんの芝居が本当に苦手なんだけど・・・、でもやはり魅了されるってことは凄い役者なんだろうな・・・。ファンじゃないのにそう思うってことは、そうなんだろう・・・。

« 韓国版 魔王 (ネタばれ注意) | トップページ | クイーン (ネタばれ注意) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ガイジかよ
 ↑
カイジ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218399/37281630

この記事へのトラックバック一覧です: ガイジ・人生逆転ゲーム(ネタばれ注意):

« 韓国版 魔王 (ネタばれ注意) | トップページ | クイーン (ネタばれ注意) »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ