« ドラマ 八日目の蝉(ネタバレ注意) | トップページ | 鞄 »

軽蔑(ネタバレ注意)

  廣木隆一監督作品 「軽蔑」

本日、夜鑑賞してきました。

作品の感想から言いますと・・・、「なんかよくわからない。」って感じでした。

この監督調べてみると「余命一カ月の花嫁」「雷桜」の監督なんですね。

うん、わかる気がする。

作品の見終わった感想がなんだか同じだから。

だから、同じ監督が撮った作品を見たなってイメージです。

キャスティングがね、凄くいいわけです。いつも。

「雷桜」も蒼井優と、岡田生将でしょう。

「軽蔑」も鈴木杏と、高良健吾ですよ。

今を時めく旬の俳優。そしてどちらも実力がある若手さんたち。

演出によっていくらでももっと引き出せるでしょうに、彼女らのいいところが出てないのよ。

私、鈴木杏ちゃん本当に好きな俳優さんなんですよ。

「がんばっていきまっしょい」とか真面目に感動した人ですよ。

イメージを変えるっていうのは俳優にとって大事なことかもしれませんが、この役は本当に杏ちゃんにあってなかった。

なんだかね、新宿のナンバーワンダンサーって感じがまずしないのと、圧倒的に色気がたらないのね。

杏ちゃんって人の中の暖かさとか、殺伐となりきれない情みたいなのがあふれているいわゆる「陽」のタイプの俳優さんなんじゃないかな。

今回の役のまちこちゃんって殺伐とした女性の気がするの。

まちこちゃんの心情が本当に読めなかったの。

杏ちゃんのお芝居でそんな感じ初めてなんです。

謎っていうのが物語のなかでいい具合に進んでいく効果を発しているわけじゃなくて、ただ単純に「わからない女」に終始しているっていう。

導入部分を端折りすぎているじゃないかい?

彼女がダンサーであることにどう思っているのか?

何故家族がいないのか?

カズさんといつそんなに惹かれあったのか?

説明不足過ぎて彼女たちの体を張ったラブシーンが意味不明な効果に。

杏ちゃんは、本当に女優と呼んでいい演技でしたよ。

彼女の泣き顔は綺麗だし、相変わらず引っ張られるし。

何だけど、彼女人物があまりにも謎過ぎて、おいて行かれました。

高良君は、この役に本当にあってましたね。

とてもボンボンであまちゃんで、ついでに頭が軽い幸せ者。

なぜか人に愛されてしまう不思議なキャラまで説得力があった。

綺麗な顔立ちと間抜けな行動が、面白かったな。

「バカな男」・・・女性って意外とこういう男をほっとけないんじゃないかしら。

そんな男を体現してましたね。

マダムも渋かった。本当に渋かった。

貫禄と、気合が入った最後の燃えていく店の中はあっぱれでした。

あまり見たことない女優さんだけど。

色々惜しい所があったけど、この作品のもやもや感はやっぱり演出とストーリーだな。

とにかく、杏ちゃんよく頑張った!脱げない女優が、女優を名乗るなと言いたい!!

« ドラマ 八日目の蝉(ネタバレ注意) | トップページ | 鞄 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
通りすがりなの者です!

最近DVDで軽蔑を見て、誰か観た人と話をしたいなーと思って
ネットで軽蔑のレビューを読んで楽しんでいたところ、ここに辿り着きました。
同じ感想を持ちましたのでコメントします!

見るからに訳ありそうな外国人ダンサーの中で、
何の悩みもなく、影もなさそうで育ちもよさそうな杏ちゃんの存在が謎でした。
どうしてそこで働いているの???
生い立ちは???

高良君が杏ちゃんに惹かれた理由は、
ものすごーくタイプだったんだろうな!の一言ですが、
杏ちゃんが何故そんなに彼に惚れた???
いつのまにそんなに絆ができた???

高良君は、ラストまで生きてはいないだろうなーと想像のつくストーリーでした。
設定や伏線がちょっと薄すぎる気がして残念でしたが、見ごたえのある1本でした。

DOLLYさんはじめまして!

コメント有難うございます!!

この映画って入り口がなくて出口まできちゃったみたいな印象ですよね。

主人公たちに感情移入できるポイントが少なすぎるから、気持ちに乗る前に

終わっちゃった・・・って感じで・・・。

うーん・・・・。

惜しい映画って感じです。

またよかったらいらして下さい!!


kinomi

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマ 八日目の蝉(ネタバレ注意) | トップページ | 鞄 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ