« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年最後のごあいさつ

 2011年有難うございました!!

今年は、本当に時代が変わってしまうような一年になりました。

色々なことを考える年になりました。

人類が豊かになるために開発された原発に関しても、その代償に払った犠牲の多さにも。

天災の恐ろしさも、大きさも。

地球という星に住む限り、天災を免れることはできない、そのことを痛烈に感じた年でした。

東北の大部分が被害にあって、楽しんだり、喜んだりすることも「そんなことしていいのか」と思えた時を経て、思ったのは、人間はタフなんだなーってことです。

「前に進む」という言葉がこれだけ力強い言葉かと思いました。

正直、映画の見方が変わったというのが私の中での大きな変化でした。

重く暗いテーマの作品から、明るく励まされるような内容の映画が好きになったことです。

映画でどんな残酷なことを描いていても、現実のほうがもっと辛いとか残酷だとか思うと映画にするりと入って行けなくなったのです。

不思議なもんです。

なので、後半は旅行や自分の癒しなんかの内容が増えていきました。

ただ、やはり物語を見るのは好きで、やめれそうにないので、続けていこうと思っています。

2012年もよろしくお願い致します

ハラがコレなんで(ネタバレ注意)

  石井裕也監督作品 「ハラがコレなんで」

楽しみのしていた作品でした。私の地域の映画館は開始が遅くてようやく見に行けました。

私は、この作品大好きです。

すごく面白かったし、スカッとしました。

でもね、やっぱり万人に受ける作品っていうのはなかなかないものなのかもしれない・・・。

yahooの映画評価を見るととても微妙でした・・・。

感じ方は人次第だからなんとも言えないけど。

今回の主人公は原光子で「旦那なし」「金なし」「家なし」なのに、妊娠9か月という設定。

判断基準は「粋」か「粋」じゃないか。

その「粋」って部分が人によって違うからなかなか難しい見たいね。

確かに光子の行動や言動って、見方によったら周りを振り回して、かき乱しているし、自分勝手にも見えなくもないが、見てほしいのはそこじゃない気がする。

光子は自分がいいようには、自分が得をするようには動いていない。

その人がよくなるであろうと思うことを本能的にやっているということだ。

おせっかいとか、そういう見方もあるだろうけど、この映画の中でそれをいったら成立なにもしなくなってくるからねー。

この映画の世界の中では成立していたってことでいいんじゃないのかな。

凄く振り切って演じてた主演 仲里依紗さん。

凄く不思議な魅力のある俳優さんで、とくに声がいいというのは分かっていて、独特の言い回しもすべてこなされている感じがありました。

又、バラエティーとかで見てても独特の感じがある方で、そこが映画の不思議な設定とマッチしていて成立させていたかな・・・と思いました。

メイクもほとんどないし、綺麗にみせようとかいう感じもないし、素材を生かしたという印象。

また石橋凌さんと中村蒼くんが凄しなびたレストランで暗ーい感じでお客さんを待っている感じが妙にツボでした。

喫茶店と石橋さんのエピソードなんて本当に面白かったし。

でもやはり仲里依紗ちゃんと蒼くんのシーンがよかったな・・・一途に15年光子のことを思い続けていて、「俺がこの子の面倒みるから」とか、「好きって言った責任がある」

とかいって本当は困っている光子のことを助けるんですよね・・・。

なんか今にはないおとぎ話みたいな感じだけどよかったな・・・。

その100%の蒼くんの思いに対して、相対する反応光子が30%っていうのはいかがなもんかな・・・とか思いましたけど。

光子が最後出産するとき「一人じゃなくてよかった」ってつぶやいていたのがこの映画を象徴するセリフかなーと思いました!素敵でした!!

とにかく、面白いハマる人にはハマる映画だと思います!!

イタリア旅行記④

    ミラノ編

HUBホテルに宿泊。

とても綺麗で近代的なホテルでしたよー。

003

アメニティーは二人分ちゃんとあったけど、スリッパはなかったです。

004 ドゥオモはイタリア最大のゴシック様式の教会で、中のステンドグラスは本当に美しく圧巻でした!!

019

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアはアーケードが素晴らしくおしゃれ!!

022

ミラノのポリスを激写!超イケメンな上にロングコートが似合う似合う。

037 

お昼はミラノ風カツレツとリゾットお味は・・・・???って感じで。カツレツは美味しかったけどね!!

027 041 042 043 ミラノは近代的な街でお洒落でいろんなものがここにめがけて集まってくるらしいです。

ただガイドさん曰く、やはり食事は南のほうが美味しいですねとのこと・・・。

寒くて、なかなか晴れ間が見られないミラノ・・・だけど珍しく太陽が出てラッキーでした。

教会は圧巻です。長い間修復されて、綺麗になった状態が見れてよかった。

まだまだ修復は続くようですが・・・そこがイタリアの素晴らしいところです!!

ここには有名な「最後の晩餐」があるんですよね、レオナルド・ダ・ビンチの。

残念ながら見ることはできませんでした。

ダビンチ・コードで凄く興味がでたから見たかったけど・・・残念。

イタリア旅行記③

  イタリアってところ~

時差は8時間です。日本のほうが、先に進んでいます。

 今回、直行便ではなく、乗継したので、合計12時間ぐらい飛行機にのってました。

 ドイツ(フランクフルト)→(ミラノ)

 なので、○一日は飛行機に乗っていたか、空港にいた感じです。

入国審査

 出国の際、検査があって、もちろん100ml以下の容器にいれ、さらにジップロックで蓋を  した状態で検査します。

 貴金属はNG、ブーツや足の長い靴は検査の対象。

 ペースメーカーや、その他の貴金属が体に入っている人は、それを照明する書類が必要。

 ベルトやイヤホン、携帯電話なども外に出さないとならないので、なかなか大変。

なので、私は液体物と、貴金属類は透明のケースに入れてひとまとめでわかるように籠のなかに入れました。

 もちろん液体物の中には、マスカラ、口紅、歯磨き粉、リップクリーム、目薬などすべて含まれますので要注意ですよ!!

もちろん関空でも検査ありましたが、EU入国時にもあり、フランクフルトでもかなりしっかり検査されました!

乗継に一時間半あるから余裕・・・なんて思ってたら大きな間違いです、時間はありません。

なぜなら、フランクフルト空港はめちゃでかいんです!

その上、EUに初めて入国する入国審査をするんだから時間ギリギリ。

全世界から多くの人がこの空港に集まっているので、凄く混んでました!

公用語はイタリア語です

主要都市では英語を話せる人が多いと思いますが、ある程度のイタリア語は覚えておいたほうが気持ちがいいですよね。

おはようございます!

おやすみなさい!

有難う!

どういたしまして!

お願いします!

数字など・・・・・。

お金はユーロ

500・200・100・50・20・10・5→ここまでが€札

1・2→€コイン

50・20・10・5・2・1¢

今は1€がかなり安く100円から107円ぐらい。

気温は縦に長い国で、気温は日本とにているが、湿度が低い。

イタリア旅行記②

  イタリア持ち物~

海外旅行に慣れている方はなんてことないですが、意外と、なにもっていったらよいの??

って思うと思いますので、軽く書いときます。

パスポート

パスポートのコピー

旅行保険

旅行保険のコピー

搭乗券

現金

クレジットカード

日本円

とにかく、これだけあれば出国はできます。

パスポートと旅行保険のコピーはいざ盗難にあった時の為のもの。

搭乗券は、団体旅行の場合は、空港で添乗員が渡してくれる場合が多いです。

現金は、ユーロを用意。因みに出国時 1ユーロ;107円 帰ってきたら 1ユーロ;100円でした・・・。

団体旅行の場合は、向こうの空港で両替できないと思ったほうがいいです。なので日本で両替したほうがいいと思う。

ついでに、私は3人で4万円ぐらいユーロに変えていってちょうどぐらいでした。

ついでに、両替は200ユーロがや100ユーロはほとんど使わないので、50以下で用意したほうがいいと思います。

200ユーロなどは受け取ってくれないこと多いし、使えません!!

ついでに、小銭は初日からマクラチップとして必要。大体一人1ユーロ。

クレジットカードはとにかくvisaカード!!JCBは使えません!ほとんど

暗証番号付の金のチップがついているのにして下さい!使えない所があるかもです。

マスク

スリッパ

首枕

飛行機の中は乾燥しているので、寝ている間だけでもマスクすると風邪予防になります。

スリッパは、足がむくんでくるので飛行機の中でも必要、ホテルもついていない所が多い。

首枕は飛行機用のやつでバスの中でも使える。

あまり空気を入れすぎないのがポイントかえって首が疲れますよ!

デジカメ

充電器

チップ

携帯

携帯充電器

近のデジカメや携帯電話は海外で利用できるものがほとんどだと思う、古いのは別。

なので変圧器はいらないのが多いと思います。(古いのは利用難しいと思う)

因みにわたしのものはどちらも大丈夫。

ただ差し込み口が違うので、イタリアはCプラグ(価格250)だけ持っていけば大丈夫。

469

468

因みに、充電器に何ボルトまで利用できるか書いてありますよ。

私のものは100V~240Vまで大丈夫。

ついでに、イタリアは220Vです!

携帯電話は最近物はほとんど海外でも使用できると思いますが、設定を日本でしておかないと海外では変えられないので注意してくださいね!

これさえあれば、途中で電池が切れることはない!

パジャマ

タオル(ハーフ)

洗顔一式

歯ブラシ

パジャマはホテルについていない。タオルは私のホテルはほとんどありましたが、とても大きくごわごわして体が洗えません!

シャンプー、コンディショナー、石鹸はついてましたが、その国のものなので、ご自分であったものを使われるほうがよいようにも思います。

櫛はなかったですが、ドライヤーは威力のすくないのがありました。

常備薬

風邪薬

酔い止め

下剤

目薬

風邪薬は、現地のものより、自分の使い慣れているのがよいと思います。

酔い止めはかなりバスに乗るツアーだったので、必要でした。

下剤は、通じのいい人はいいと思うけど、便秘の人はかなりひどくなると思います。体が緊張してなのか、朝早くトイレにこもっていられないのかわからないけど・・・。

ただ、下痢をしてしまうようなきついのは控えたほうがよい。トイレは有料なうえに、頻繁にいけないので。

衣服は季節によって違うので割愛いたします。

ちなみに私がいった季節を参考にすると、おもったより寒くないです。

気温は7°~15°ぐらいでしたね。

特に空港は暖かいので厚着は禁物大汗かきますよー!!

日本とそんなに変わらない気温だと思います。

下着類は、洗って4から5ぐらい。

服は2から3でいいと思う。あまりおしゃれしすぎると帰りのトランクがパンパンで、なんでこんな服多いの!!ってことになりますよ・・・。

因みに靴は歩きやすいのを履いたほうがよい!

イタリア旅行記①

   旅行のすすめ!camera

 みなさん旅行に行くときの決めてってなんですか?

値段?

ホテル?

旅行内容??

色々あると思いますが、わたしの場合は、代金と内容でした。

が、しかし、私が行きたいプランは希望の日にちに出ていなくて、違うコースとなってしまいました。

その① プランは色々なものを検討して選ぼう。早めに選ぼう。

私は今回パンフレットで送られてきた中から選んだのだけど、その号には希望の日あったし、と思ったけど、いざ旅行会社に行ってみたら中止になってました。

キャンセル料がかかる期間まで検討できる!shock

その② 燃油サーチャージが含まれているかどうかをチェックしよう。

旅行代金自体は安く表示していても、サーチャージが含まれると、他社とそれほど変わらないなんてことも多いので、旅行の内容と値段をよく見たほうがいいですね。

私が選んだコースは、イタリアを縦に横断するようなプランだったので、正直バスに乗っている時間が多く、自由行動も少なかったので残念でした。

そして、凄くハードなスケジュールなので体が疲れます!!

なので、そのあたりも考えて選ぶとよいかもしれません。

初めての方は添乗員付きをおすすめ!

沢山の注意事項、おすすめポイントを教えてくれます!

免税のやり方、空港などでは大変お世話になります!

私の選んだコース

ミラノ→ベローナ→ベニス→フィレンツェ→チビタバニョーレッジョ→ローマ→ナポリ

沢山いけたけど・・・ハードでした・・・。でも楽しかった!!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ