« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

そうだ、東京に行こう!!②

 曇り空だったのが非常に残念だったのですが、なんとディズニーシーは初めての参戦!!

もうね、要領がよくわからないでてんてこ舞いでした!!

周りのディズニー好きな人から言ったら、邪道といわれそうな勿体ない過ごし方で、ひたすら「可愛かったー。楽しかった」を連発して言ってますけど・・・。

怖くて言えない。

シーまでいく電車はもうミッキー仕様といいますか、手すりも、窓枠もミッキーだし・・・いうことなく可愛い!!

019 とにかく時間もあまりなかったので、どこに行ったらいいのかわからなくて困りました。

とにく「マーメードラグーン」と「アラビアンコースト」を攻めようということになりそちらサイドへ!!

026小さなお子様向けなのかほんとにかわいくて乗り物も怖いのないしよかったーって感じでした。

039 「フィッシュジェットコースター乗ったよ」と言ったらあれはジェットコースターって言わないって言われちゃいました。・????十分こわかったけど???

022 ライトとかも可愛いお花?サンゴ?の形になっていてめっちゃ可愛かった!!

「マーメイドラグーンシアター」ではショーも見れました!!

夢の世界でしたよ!!

032そう、アラビアンコーストへGO!!

三種類のカレーってのを頂きました!!なかなかのお味でしたよー!!

029 ただ、めっちゃお腹ふくれます。ナンが効きましたね・・・。

028 お土産やら、食事やらしていたもんで、そうこうしていたらディズニーマジック・イン・ザ・シーがはじまっちゃいました!!

047 春の花火なんてめったにないからよかったよー。

花火大会なんか行ったらこんな近くで見れませんもの!!

楽しかったです!!とっても!!

055 056 いやーでも驚いたのはミッキーたちに一度も遭遇しなかったことでした・・。

そんなことってあるんですか??

そこだけが口惜しい感じです!!

そうだ!!東京へ行こう!!①

    TOKYOに行ってきました!!

今回は「マニュアックツアー」と題して、

東京ディズニーシー(半日パスポート)15:30入り

秋葉原(ガンダムカフェ・ドンキホーテ)

表参道(水玉店・ショッピング)

新宿(TAKANOフルーツパーラー)

とても濃い旅となりましたー!!

新幹線700系 のぞみ!!006 300系はもう少し可愛い顔していたのに・・・。

でもとても速そう・・・。

011

駅弁は旅の醍醐味ですよねー。

駅の販売員さんにおすすめを聞いて買ってみました。

美味しかったですよー。

ただ少し味に飽きてくるけど・・・。

001

002 ここでハプニングが!!

なんと指定でとっていたのに、友達が新幹線に乗れなかったのよー。

なので、一人旅になりました!!

東京駅で会えましたけど!!

014 ホテルは、可愛いホテルでしたー。

有楽町線で新木場まで一本でいけるという、ディズニーランドには交通の便がいいと思いました!!

鍵のかかった部屋 (ネタバレ注意)

  月曜9時ドラマ 「鍵のかかった部屋」

いやー、この頃ほんとうに謎解きおおいなー。嵐にいたっては解きまくり・・・・。

櫻井君の「謎解きはディナーの後で」でしょう。

松本君の「ラッキーセブン」探偵社・・・・でしょう。

相葉君の「三毛猫ホームズの推理」でしょう・・・。(まだ視聴してません)

で、大野君の「鍵のかかった部屋」・・・・。

おい、嵐!!!!!謎ときすぎじゃないですか????

まあ、確かに安定して視聴率とれるし、こういうジャンル好きですよねー。

でもあたしはまだまだ嵐でべたべたの韓国流みたいなあまーいラブストーリーみたいぞ!

はい。

本編の感想。

おもしろかったですよー。

うん、戸田絵梨香ちゃん最高やな。

この人SPECから、コメディー路線大流行っすね。

いやー、もー面白い面白い。

大野君も・・・・・キャラ濃いな・・・・。

まあ、終始大野君だったけどね、まあ面白かったですよ。気楽に見れるお茶の間ドラマですねー。深刻になることないしー。

月曜日だし。仕事はじめだし。

あんまり頭使うのもしんどいし、そのあたりはドラマでやってもらって。

佐藤さんも、うーん、渋くないな。敏腕弁護士にはちょっと見えなかったけどね。

あの3人が今後面白い感じになるのかなー。

楽しみですね、来週からも見たいと思います。

ただ、うーん密室トリックはー??

あんまり引き込まれる印象にはなかったですねー。

いやー最初の銀行の金庫に閉じ込められた感じのほうがよかったけど。

まあ、コメディー路線濃くしてくれたらkinomi的にはいうことない。

奇跡 (ネタバレ注意)

  是枝裕和監督作品 「奇跡」

九州新幹線 「みずほ」と「さくら」は昨年開通した。

その「さくら」と「つばめ」がすれ違う時願い事がかなうとされている。

それを聞きつけた本編主人公まえだ・まえだのおにいちゃんが、ばらばらになった家族がまた一緒に暮らせるように願掛けにいくという設定。

感想・・・爽やかな作品だなー。

本当に、爽やかだったんですよ、そしてほろ苦い気持ちになる作品でもあった。

お父さんとね、お母さんが別居して、それぞれに兄弟がついていっているんですよ。

お兄ちゃんはお母さんに、弟はお父さんにと。

それぞれを見張るべく別々にならないように。

こどもの気持ちがね、押し付けがましくなくさらーっとあふれている。

いろんな人の思いが、繋がっている。

それをとても自然に、違和感なく描き切った感じなんです。

まえだ・まえだの凄くやわらかな演技も素敵でした。

選び抜かれた美しさはないけど、二人には圧倒的な生命力ときずながあって、それがこの作品の肝でした。

心配しいで、ちょっと繊細な兄と。

どーんとおおらかで、ざっぱな要領のいい弟。

「つばめ」と「さくら」がすれ違う地点は「熊本」。

そこまで、それぞれが旅にでる。

色々な思いを胸に持って。

落ち合えた時、かるかんとお父ちゃんのCDを交換するところはいかにもよかったし。

本当に子供たちがあのすれ違う新幹線のエネルギーの前で願い事を叫ぶところも感動しました。

日本の技術ってすごいなー。(関係ない)

お兄ちゃんは叫びませんでしたね、あの時の表情よかったなー。

脇をかためる名俳優たちは出すぎずひきすぎずの絶妙なバランス。

子供たちのサポートをした橋爪さん最高。

個性を残しつつも薄味な樹木さんの演技最高。

ふてくされたお母さんの大塚さん最高。

世界に生きる夢のロッカーオダギリさん最高。

いつまでもマドンナ、そのおみ足には誰もかないませんまさみちゃん最高。

なんなんだその迫力は?でかいせいだよね、阿部さん最高。

元女優、いやいや現役大女優夏川さん最高!!

そして、もう少し長生きしてほしかったな、お便所は座ってして下さいね、原田さん最高。

凄く爽やかなほろ苦い作品。

やはり新幹線は最高。300系が引退したけど、これからどこまで早くなるのかな?

機動戦士ガンダムワールド③(ネタバレ注意)

  冨野由悠季監督作品 「機動戦士ガンダムF91」

私、ガンダムシリーズの中でこの作品が一番好きです。

なぜなら、ミーハー的要素を言えば、主人公シーブックが超イケメンで、性格いいから。

ついでに、ヒロイン セシリー・フェアチャイルドが超美人だから。

そして、最大の理由としては、2時間で描ききっているという点も大きい。

やはり、映画とするならば、そこで描ききるってことが大切ではないのかと言いたい!!

この話は、ちょっと機動戦士ガンダムZZみたいな印象で、子供が戦争に巻き込まれて仲間と一緒に戦っていくっていう感じが出ているのがいい。

戦争は、大人がやり始めるものであって、一部のそういった人間以外は、対外巻き込まれている状態が多いと思うの。

いうならば、視聴者が一番入りやすい設定ともいえるかもしれない。

ここは宇宙世紀だし、スペースコロニーの住人スペースノイドだけあって、戦争がおこったら人々はどういう行動をしたらいいのか凄くわかっているところも面白いのね。

変な話、地震に備えている日本人。みたいな。

そういういことがいつ起こっても備えられているバックパックとかみても思うけど。

あと、親とはぐれた子供や、赤ちゃんをちゃんと引き取って逃げるという描写も。

ついでに使える情報や人脈をしっかり使うっていう行動力もしかりかもしれないが。

そういう、宇宙世紀に生きるスペースノイド達が、今回の戦争に巻き込まれていく。

地球連邦軍とクロスボーンバンガード。

そのクロスボーンの大元締めがヒロインの父親というなんと運命の歯車か・・・。

ガンダムっていうのは、レジスタンスの象徴みたいな印象で、正規の軍じゃない戦艦に乗り合わせて、ニュータイプと出会い、人々を導く象徴。

そういうモビルスーツのことをガンダムと呼ぶんだよね。

これはガンダムだ!!って作られているわけじゃなくて。

だから、あくまで私が好きなのは誰でも乗れるガンダムっていう所。

ガンダムはMSであって、人格があるわけじゃない!!マシーンなんだってこと。

それがだれであっても機動してほしいし、パイロットの良し悪しによって、強くなったり弱くなったりしてほしい。

この人しか乗れないとか、この脳波には反応しないとか、なんかそういう特別な機体であってほしくない気持ちがある。

初代ガンダムはアムロがのった時とセイラがのった時では、全く起動能力が違って見えた。これがパイロットの腕だろうし、能力の違いなんだよね。

この人しか乗れないとか限定されちゃうと、この人が、パイロット特性の強い人間なのかそうじゃないのかとてもあやふやな印象があるから。

ガンダムM2も最初は黒いガンダムだったし、地球連邦軍の機体だったし。

F91から話がそれたけど。

セシリーがクロスボーンから、仲間たちのところへ戻ってきたくだりは、小説のほうが違和感ないと思うけど。

ちょっと映画では???セシリー??と思う所もあったよなー。

けど、何にしても、シーブックがかっこいいし、セシリーが美人なのでいうことなし。

ついでにF91もカッコいいし。

私はモビルアーマーのようなでかい機体は好きじゃない。やはりMSサイズがいいよね!!

アンリ・ル・ジダネル展

 アンリ・ル・ジダネル展

20世紀初頭に活躍したフランスの画家です!!

何とも言えない色使いで、パッと見はぼやけて見えるんだけど、遠くから見ると凄くすっきりして見えるという印象。

全体的にやさしい印象で風景が中心。

034

地味な風景の中に何か所か目にひく色使いがあってそれが印象的なんです。

友達にチケットを頂いて、自分で買ってまで行こうと思っていなかったのに、いやーまたしてもポストカードを買ってしまいましたよー。

036_2

不思議なもんですねー。本当に。

小さな町の風景がが多いのかな・・・。

ベネチアなんかもありました。

037

いやー懐かしい。

なんか、またヨーロッパに行きたいな・・・なんて思います!!

友達とイタリアンだ!!!

 前の職場で一緒だった友達に会いました。

一緒にイタリアンに行ってきました。

彼女は結婚していて、5歳の息子がいます。

やはり、私ぐらいの年になると、結婚している人がほとんど。

022

既婚者が大半をしめるので、子育て奮闘中の人にはなかなか会えないものです。

あっても子供ちゃんと一緒だったりね。

でも元気もよくて、料理も美味しかったし。

久々にあえてとてもうれしかったなー。

前菜は6種モリ。

バーニャカウダが好きだから、作り方が知りたいけど。

少しずつ食べれるのがいいなー。

025

イタリアでたべたイタリア料理は正直本当に微妙だったけど、日本で食べるここのイタリア料理は本当に美味しい!!

今日のパスタはスパゲッティーニ。

トマトと法蓮草のパスタ!!

御馳走様です。

有意義な一日でしたわ!!

京都水族館

  京都に水族館がオープンしました!!

年間パスポートは¥4.000で二度いけばもとがとれます。

とても小ぶりだけど可愛い水族館です!

派手さはないけど、京都らしい気がします。

3月14日にオープンしましたが、今も人いっぱい。

春休みが終わるのでそろそろすいてくるかな??

021 京都はオオサンショウウオが有名で、入り口近くでみれます。ビジュアルは正直微妙だけどね。

とにかく、イルカとペンギンですよ!!

004 人間と一緒の哺乳類。

かわいいんだーかしこしね!!癒されます。

013 泳いでいるペンギンがみれましたー。

陸を歩いているイメージが強かったので。

015

016 なんて可愛いビジュアル・・・。

お勧めです。

梅小路公園近くにありますよ!!

京都駅周辺に来られた方は是非よってみて!

当日券は¥2.000ですよー!!

SPEC翔(ネタバレ注意)

   TBSスペシャルドラマ「SPEC翔」

 このドラマは2010年10月クールで連続ドラマをしていたものの続き。

世界観はそのままで安心し、大笑いしました。

相変わらず堤幸彦ワールド健在で。

よかった、よかった。

そもそもこのドラマ、「ケイゾク」というドラマの続編として作られました。

舞台は同じ。設定と登場人物を変えて、新しく生まれ変わったのが「SPEC」

前作は、超常現象に見える難事件がそうではないという視点から物語がすすんでいきました。

人間の脳は10分の1しか使われていない。

のこりの9にさまざまな能力が秘められているのではないのかという想定もと進んでいきます。

その特殊な能力をSPECと呼び、超常現象らしきさまざまな能力を秘めた人物が沢山出てきたのが、ドラマでした。

ものに宿る映像を見れる能力があったり、予知夢があったり、病気を処方したりする様々な能力があったけど。

一番の最強な能力は「時間をとめる」正確には時空をいがませる?時間の流れを変えるのほうがいいかもしれないけど。

その能力の持ち主が一十一(ニノマエ ジュウイイ)。

当麻の本当の弟だということが判明。そして、

今回は、主人公である当麻自身が特殊な能力を併せ持っているところまで描かれました。

死者をよびもどすというような表現があっているかはわからないけど。

今まで、ドラマでたくさんの能力者たちが現れ、それに対峙してきた当麻達。

そして、たくさんの命が消えていった事実。

それを呼び戻す能力がその左手にはあるという設定だったけど。

最終、スペシャルではその左手を封じたところで終わっていましたね。

そのシーンの加瀬君と、戸田さんの演技は素敵でした。

きずなが見えましたよね。

決してラブシーンじゃないけど、思いが通じているという感じの。

映画では、どうなっていくんでしょうね、明日公開ですものね。

私も近いうちに見に行きたいと思います。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ