« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

るろうに剣心(ネタバレ注意)

  大友啓史監督作品 「るろうに剣心」

この作品って、漫画原作なんですよねー。少年ジャンプで連載していて、そしてアニメ化にもなりました。

当時、学生だった私は何度か視聴したことがあったと思います。

いやー凄く面白かったですねー、漫画を実写化した中では大成功の例じゃないでしょうか。

とにかく佐藤健君ですよ。

私は久しぶりに剣心を見て、健君が剣心にしか見えなかったですね。

それほど完成度が高かったです。

ただ、やはりアクションシーンがながかったです。

あそこまで必要かなと思いますね。

強いのもわかるし、動きが早いのもわかる。

絶妙な時間帯で切れなかったのかな・・・そんなことを何度も思いました。

それだったら、もう少しだけでも人物描写を入れてくれればよかったのに、続編あるんでしょう?

そう思いました。

ただアクションは圧巻。

素晴らしいの一言でした。

あれは早回しで撮っているでしょうね、でないとあんな動きできないし。

CGとかなりの編集の勝利!!

剣心の内面がもう少し描けていたらよかったのかもしれないけど。

主人公に感情移入したというよりストーリーとアクションにのまれたという印象はぬぐえない。

でも、いいながらも素晴らしいんだけどね。

さすが「ハゲタカ」「竜馬伝」の監督。

素晴らしかったです。

出演者はみんな本当によかったんじゃないですか?

武井咲ちゃんもどうかなー??と思っていたけど、想像以上によかったし。

蒼井さんなんか最高だったしねー。

咲ちゃんとの対比が凄く出ていて・・・主演でも助演でもいい働きするわーこの方。

江口さんかっこよかった・・・斉藤一さんなんですよねー。

警察の制服が似合うこと似合うこと。

それよりもですよ、あの胡散臭い香川さん最高。

彼が胡散臭ければ臭いほどいいよねー、その役割を十二分に発揮。

素晴らしい。

続編あったら見ますよー!!

車いすで僕は空を飛ぶ(ネタバレ注意)

  24時間テレビ チャリティードラマ「車いすで僕は空を飛ぶ」

 いやー、なんてわかり易いドラマだろう・・・。

すごい言いたかったことが、このドラマの言いたかったことがスコーンと入ってくる。

そういうエピソードを連ねた脚本と、それをリアルにあまりにもリアルに演じた俳優達。

編集も演出も含めて・・・。

すごいなーこのドラマ。

チャリティードラマってことをすっかり忘れるぐらい、違和感がなくスルーット入っていった。

つい最近「いじめ」について社会問題として大きくなニュースになりました。

大津の事件のことです。

このドラマはたぶん、そういったニュースの最中に制作されていたはずなので、題材的に非常に重く視聴者に訴えたんじゃないかと思うんですよ。

この題材を選んだのはたぶんもっと前のことだとおもうけど、なんか神がかり的に、フィットしたような印象があるんです。

「死にたい」そう思うことは、少なからず、どのような形であっても思ったことある人多いんじゃないだろうか。

仕事で失敗して人に迷惑をかけたとか、失恋してどうしていいかわからなくなったりとか。

人によっていろいろ思う所は当然違うとおもうけど。

この作品の自殺をしたいと思う原因に「人に迷惑をかけてしか生きていけない、存在自体が迷惑なやつ」主人公が口にしていたセリフなんだけど。

人に必要とされなかったり、迷惑をかえてしか生きていけなかったら、やっぱり自分の存在さえなければという考えになるときもあるよね・・・。

そういう、誰しもが思うような感情を非常に上手に切り取った作品だと思ったんです。

主人公の視点を中心にあまり色々な方向へ行かずに、あくまで主人公の重心をしっかり据えて、2時間のドラマにしていた。

時間足らずとも、余計なエピソードも私にはないように思いました。

するっと、シンプルに入ってきましたので。

そして、そういう人間臭い人物をほんとうに飾りもせずそのままに演じた主人公二宮氏はうーんやっぱり最高にすばらしい俳優と思いました。

似たような役が多いし、様々な手法を用いて演技をしているわけじゃないけど、その物語にスルット入れてくれる。

そして、最後まで導いてくれる彼のお芝居はそんなことどうでもいいじゃん、この物語の言いたかったことはちゃんとわかったって思いました。

そして最後にはふっと暖かくなれる。

よかった、救われてって思う。

最後のお母さんとのシーン・・・凄いなあのシーンは・・・のまれた。

そして自殺は、残されたものを苦しめる。

どんな理由であれ、苦しめるんだってこと。

飾り気のない言葉で、すとんと感じた。

あっぱれドラマでしたー。

ブラスト!!! 

 ブラスト 京都公演に行ってきました!!

いやー圧巻のパフォーマンスでしたねー。

楽器はもちろんのこと歌あり、ダンスありで120分息をつく暇がありません。

日本人も3人ほど出ていました!!

トランペットの音色が忘れられない!

なんてのびやかで美しい音色なんだろう・・・。

パーカッションカッコいい!!

かっこいいだけじゃなく素晴らしい。

本当に器械のように性格で早く、リズミカルで大胆。

ついでにいうとユーモラスが随所に散りばめられていて、子供も見に来ていましたがケタケタ笑ってました!!

声が可愛かった!!

迫力がね・・・半端じゃないですね!!

ダンスもとても素晴らしかったです。

目がどこを追ったらいいのかわからないくらい見どころ満載!

お勧め、行ける機会があったらぜひ!!!

リッチマン・プア・ウーマン(ネタバレ注意)

   月曜9時ドラマ 「リッチマン・プアウーマン」

 いやー面白いですけどー、なんか久々にこういうストレートなラブストーリーを日本の作品で見ているなーって感じで!

出ている俳優が全員うまいこと!

小栗君は抜群の安定感だし、新さんもわかり切ったうまさ。

驚いたのは石原さとみちゃん。

もちろんうまいのは知ってたけど・・・めっちゃ可愛くなってませんか?

わたし朝の連続テレビ小説「てるてる家族」から彼女を見ているけど・・・正直あのときは垢抜けなかったよねーって感じで。

もちろん作品の雰囲気とかもあるけど。

それ以降も色々主役やそれに似たポジショニングで演じていたけど・・・そこまでの輝きを感じていなかったのに・・・。

いやーこの作品で可愛いし、うまいしで一気にいいなーと思いました。

ついでに、相武さきちゃん・・・彼女も凄くいいよねー。

なんかさばさばとした気が強い女をいいポジショニングで演じている!(ごめんなさい凄い上から)でもほめているので・・・。

正直、消えると思ってました私。

CMの女の子かなーって・・・。

いやー「ブザービート」から彼女は本当に変わりましたね・・・。

とても上手くなったし、すごく引き付けられる役者さんになったと思います!!

当たり役っていうのも大きいと思うけど。

ついでに私の応援している綾野剛くんも出るみたいで・・・ああ再びごちそうドラマが・・・。

全く作品の感想になってないけど。

面白いですよー。

個人の番号制度のシステムの話とか。

小栗くんのカリスマ的天才ぶりとか。

個性のないヒロインとか・・・でも可愛いの!!

お話も十分面白いしー。

来週が楽しみです!!

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ